トリキュラー

日本では婦人科などで処方してもらうことでピルを手に入れられます。
しかし、妊娠を防ぐためや生理による辛い症状を緩和するためにピルを使いたいと思っても、ニュースやネットの記事などではピルの副作用について恐ろしい話ばかり載っているため、ピルの使用を躊躇っている女性は少なくないと思います。
なんとなく怖いからと避けるのではなく、大切なのは正しい知識を身につけることであり、ピルは正しく使えば、女性に大変メリットの多い薬なのです。

ピルとはどういう薬?

ピルと聞くと避妊のための薬というイメージが最初に浮かぶかもしれませんが、ピルの効果はそれだけではなく、生理痛や生理不順などの治療にも使われる薬です。
ピルの中でも、トリキュラーを始めとする低用量ピルは服用方法を守れば、ほぼ確実に避妊をすることができ、そして妊娠希望の際には服用を止めることで妊娠も可能になるのです。

ピルには、妊娠した時に分泌される女性ホルモンが含まれており、服用すると体の状態が妊娠している状態に近くなります。
その状態になると、体内から出す女性ホルモンの量が少なくなり、そして排卵しないようになり、避妊効果が生まれるのです。
たとえ排卵してしまっても、着床しにくくしたり、子宮の中に精子が入ることを防ぐ効果もあります。

ピルを服用すると体が妊娠している状態に近くなることから、子宮内膜が普段より厚くならず、剥がれ落ちる内膜の量が少なくなり、これによって生理痛が軽くなったり生理の量が減ることもあります。
また、生理の周期が安定化しやすくなることで生理が始まる日をコントロールすることもできるため、計画がたてやすくなるということもあります。

上記の症状以外にも、PMS(月経前症候群)の軽減や子宮内膜症の予防にも効果が期待できるとして医師から処方されることもあります。
生理前に顔のむくみや眠気、不眠、便秘や下痢といった体に表れる症状、またイライラや体がとてもだるい感じがする、強い不安感を感じるなどといった症状に悩まされる女性は多いと思います。
これらの症状がPMSと呼ばれるものになります。
つまり、生理前によく起こるこれらの症状に悩まされている女性にも効果があると言えるのです。
海外ではピルはドラッグストアなどで購入することもできますが、日本国内では産婦人科などに行き、医師の診察を受けたうえで、処方してもらい手に入れることとなります。
また、海外からの個人輸入でピルを購入することもできます。

低用量ピルの中ではトリキュラーが人気

トリキュラーはその副作用の少なさや使いやすさにより、日本でも人気の低用量ピルです。
ドイツのバイエル薬品が開発し、1987年より日本でも発売されるようになりました。
黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つの女性ホルモンが配合されています。

トリキュラーは第二世代と言われる種類の低用量ピルで、三相性という特徴をもっています。
三相性とは成分が三段階に分かれて効果を発揮するということであり、これによって身体への負担を軽減されています。
体内ホルモン分泌パターンを自然に近づけることで、不正出血などの副作用も軽減しつつ避妊できることがトリキュラーの人気の理由になります。
有効成分が3段階に分かれて効果を発揮しますが、その3段階の錠剤にはそれぞれ色がついていて、赤褐色、白色、淡黄褐色となっています。
そのため見た目にもわかりやすく使いやすい仕様となっています。

トリキュラーには21錠シートのタイプと28錠タイプのシートがあります。
トリキュラーも他の低用量ピルと同様に、成分の入っている錠剤を21日間服用し、7日間休薬する必要がありますが、28錠タイプのシートには休薬期間7日間にあたる7錠の成分が入っていない偽薬が入っています。
21錠タイプのシートを使用する場合は休薬する7日間は自分で管理する必要がありますが、28錠タイプのシートを使用する場合は休薬する7日間も偽薬を服用するため、次のシートの飲み忘れを防ぐことができます。
トリキュラーは毎日一定の時刻に飲む必要があるとされており、服用する予定時間より12時間以上遅くならないようにするよう気をつけなければなりません。
低用量ピルを初めて服用する人や飲み忘れが不安な人には、28錠タイプのシートの使用がおすすめになります。

トリキュラーの効果について

トリキュラーは正しく服用すれば確実な避妊効果を得ることができます。
トリキュラーは排卵を抑え、子宮内膜の増殖を抑えることで着床しづらくし、そして精子が子宮へ入りにくくします。
この3つの働きで確実な避妊効果を生み出すのです。

服用しているのに避妊に失敗したというのは、飲み忘れをするなど、服用方法を守っていなかったために起こってしまったというのがほとんどです。
トリキュラーを服用していると子宮内膜が安定する効果があり、これは生理の量が減るだけでなく、子宮内膜症の予防にもなります。
生理の周期も安定するようになるので、生理の周期にばらつきがあり、次の生理がいつ来るか具体的にわからないと悩んでいる人にはぴったりです。
他の低用量ピルと同様、生理前のイライラや体調不良、眠気などといったPMSを改善する効果もあります。

また、トリキュラーはニキビ・吹き出物を改善する効果もあると言われており、これはニキビ・吹き出物はホルモンバランスの乱れが原因で起こることが多いためです。
トリキュラーは排卵を抑制し、常に働いているため年齢を重ねる度に弱っていく卵巣を休ませてくれるので、女性ホルモンのバランスがより安定し、結果的に皮脂の分泌を抑え、ニキビ・吹き出物を改善させる効果が期待できるのです。

ただし、三相性であるトリキュラーの唯一のデメリットとしては、成分量が三段階に異なるので飲む順番を間違えてしまうと、不正出血のリスクだけでなく妊娠のリスクも高めてしまうため服用方法をしっかり守ることが重要な薬であることを意識する必要があります。
しかし、トリキュラーの薬のシートは、飲み始めの日から毎日の飲む順番がわかりやすくなっており、とても使いやすくなっています。

トリキュラーの副作用について

トリキュラーの有名な副作用に血栓症があります。
低用量ピルであるトリキュラーで血栓症が起こるのはまれですが、発症に至るには血栓症を起こしやすくする原因があります。
実はトリキュラーは使用前に血栓症のリスクがあるか確認する必要があり、過去に血栓症にかかったことがある人や、35歳以上で1日に15本以上のタバコを吸う人は服用できないことになっています。
理由としては、タバコは血液の流れを悪くすことで血栓ができやすくなり、また年齢に関しても、年齢が高くなるほど血栓ができやすくなります。
つまり、血栓症になる確率がもともと高い人はトリキュラーを服用できないのです。

タバコを吸う人でトリキュラーを使いたいという人は、必ず禁煙するようにしましょう。
ではこの血栓症はどう行った症状が表れるのかというと、血栓は足の静脈にできやすいため、ふくらはぎの痛みやむくみがよくみられる症状となり、このとき片足だけに出ることが多いです。
また、血栓が肺に達してしまうと、息苦しさや胸の痛みなどの症状が表れます。
もし異変を感じた場合は、トリキュラーの服用をやめてまず病院に行きましょう。

トリキュラーの他の副作用として挙げられるのは、不正子宮出血、乳房の痛み、頭痛、吐き気、嘔吐などの胃腸の症状になります。
特に初めてトリキュラーを服用した人は気持ち悪さなどの副作用が出やすく、これらの症状は使い続けるにつれ軽減されていきます。
多くの人ではトリキュラーを使い続けるごとに体が慣れて副作用が軽くなっていきますが、副作用が強かったり体に合わないと感じたときはトリキュラーを処方してもらった医療機関に相談し、ほかの低用量ピルへの変更などを含めて相談するようにしましょう。